■プロフィール

さにべい

  • Author:さにべい
  • 気管支炎のブログへようこそ!

    応援クリックお願いします→にほんブログ村 病気ブログ 肺・気管支の病気へ

■カテゴリー
■PR
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
気管支炎に効く「天然の抗生物質」
気管支炎はひどくなると医者で抗生物質をもらわないと、なかなか直りません。最近、ちょっと風邪気味になると天然の抗生物質といわれるモノを摂取するようにしています。

一番お手軽なのが「にんにく」。もともとニンニク好きではあるのですが、毎日くさくなるほどのニンニク三昧にしてます。

他にも高価ですが「マヌカはちみつ」や「プロポリス」を利用しています。これらは海外でも医者要らずで通っているようです。オーストラリアで購入した本物のプロポリスのスプレーは、あまりにも苦いです。良薬口に苦しなんでしょうが。。

【天然の抗生物質】を楽天で検索

応援クリックお願いします→にほんブログ村 病気ブログ 肺・気管支の病気へ
スポンサーサイト


民間療法 | 14:49:53 | トラックバック(1) | コメント(7)
コメント
はじめまして。 昨年の暮れ、気管支炎になり、今現在、軽い気管支炎のような症状がでている、はなたろうと申します。
先週あたり喉が痛くなり「やばい!」と思っていたのですが、
案の定、夜咳に悩まされるようになりました。
こちらのブログの記事は大変具体的で、思わず「やってみよう!」と思うことばかりです。 
管理人さまは今年は上手に対処されていらっしゃるようなので、
どうぞこのままご自愛くださいね。
2006-11-19 日 19:10:20 | URL | はなたろう [編集]
私に欠けていた事は・・・
こんにちは。40さい主婦です。
小さいころから喘息で大人になっても直らなかった私は
結婚してから、5分ぐらい寒いところを歩いたら、もうぜいぜい
発作になってました。市販の喘息薬をひどいときは毎日のように
飲んでいたのです。
あるとき、ドアを修理していた若いお兄さんに
喘息で具合が悪くてという事をふと漏らしたとき、
彼も自分もかつて喘息だったと言いました。
私が、それで、今は大丈夫なんですか?と聞くと、
サーフィンをやるようになってから丈夫になったと
彼が答えたんです。
そのときは、自分にはサーフィンは無理だけれど
やっぱり運動は大切なのかな?と思ってきいてました。
以前は何度か、朝、走る事に挑戦しては、すぐに具合が悪く
なってすぐやめてました。
でも、それからしばらくたって私は昼間のウォーキングを
はじめました。
はじめたのが、ちょうど真冬だったので、
ものすごく、いっぱい着込んで、手には手袋をし
厚手の羽毛のジャケットを着込んでというものすごい
いでたちでした。
最初は一駅分(たぶん2キロぐらい)をやっとの思いであるき、
(それもお散歩程度の速さで)帰りは電車で
かえってくるという体たらくでした。
それが、少しずつ距離が伸びて毎日続けたら、
一週間後には往復できるようになりました。
無理はせず、苦しくなったら、ゆっくり歩き、ときには休み
できるときは少しはやめに、ウォーキングらしく
という感じでした。
体調が悪いときはお休みし、でも元気がでたら
続けるんだと思って頑張っていたら
どんどん歩ける距離がながくなり、二駅
それ以上となったのです。
毎日2時間弱ぐらいあるけるようになったら、
一番嫌いな走る事を少しずつ導入して
いきました。
やはり、走る事は厳しく、5m走るだけで
息がきれます。でも苦しくなったら、
歩き、頑張れる時は走るというくりかえしを
ずっとつづけると、走る距離もだんだん
200mと走れるようになったのです。
そして、あれほど毎日のように
飲んでいた薬をいつまにか
まったく飲まない日が何ヶ月も
続くようになりました。
自分でもあまりの体のかわりように
本当にびっくりしました。
(実は結婚して10キロ以上も太ったのですが、
やせて、元のようなスリムな体に戻りました。
ウォーキングをしてやせ始めた頃は
ものすごいべとべとの汗だったのが
今はさらさらの汗にかわりました。
血の巡りがよくなったのだと思います。)
小さい頃からすぐに具合が悪くなり、
無理すると迷惑かけることから
まったく運動する事をどこか
あきらめてた感が自分の中に
ありました。
でも10年間、毎日のように銭湯に通ったり、
食べ物に気をつけてたり、
体によいサプリメントを飲んだり
したのに、喘息がよくなる事は
ありませんでした。
運動の大切さをしみじみ、今感じています。
これは私の例なので、やみくもに運動ばかり
するのがいいわけではないでしょうが、
運動不足と感じている方には
ウォーキングをお勧めします。
(ただし、体の温まる、寒くない格好で)
それと、私は和食(特になべもののような体があたたまって
野菜がいっぱい食べられるようなもの)で食事をすると
効果が高いと思います。
2006-12-18 月 02:22:12 | URL | なな [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-01-14 日 12:19:47 | | [編集]
ワクチン
初めて気管支炎にかかり、1ヶ月以上治っていません。 気管支炎のための抗生物質をのむと、膀胱炎にかかってしましました(最近が尿道をとおって出るかららしいです、よくわからないけど)。 なので、お医者さんには行かず、効かない漢方薬を飲んでいます。 完治したら、絶対ワクチンを打つつもりです。 このワクチン、不足していて、65歳以上のお年よりに打つものらしいですが、どうにかうってもらおうと思います。 

http://www.banyu.co.jp/content/patients/health/disease/pneumonia/index.html
2007-09-03 月 16:57:43 | URL | Sachiko [編集]
最近、気候のせいか、気管支がひどく痛みます。咳もひどいのですが、私も天然の療法が好きなので、今はカカオの皮をお茶にして飲んでいます。あと、イノホと呼ばれるハーブもよく効きます。お試しください。
2007-09-12 水 03:33:35 | URL | あや [編集]
ありがとうございます
すばらしいブログをありがとうございます。

3ヶ月の息子が、最近咳がでており、定期健診に行った折、医者に気管支炎だといわれました。それほど咳もひどくないですし、苦しそうでないのですが、気になって調べてみたところ御ブログをみつけました。

まだ離乳食も始まっておらず、おっぱいオンリーなのですが、将来必要そうなら参考になる情報がたくさんのっていて感謝しています。

くれぐれもご自愛くださいませ。
2008-08-19 火 01:14:34 | URL | そら [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010-02-18 木 10:16:07 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

気管支炎の解説
気管支炎気管支炎(きかんしえん、英:Bronchitis)とは、呼吸器疾患の一つで気管支の炎症を指す。急性と慢性に区分される。また、別の区分では慢性気管支炎は閉塞性肺疾患にも分類される(気道の狭窄症状、肺の過膨張、喘鳴、呼気延長、1秒率の低下、残器量の増加等)。=急
2007-02-23 Fri 21:59:38 | 痛いつらい!病気に備える家庭の医学小事典

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。